車のメーター

是非自分に合う車の「個性」を探してほしい

セダンの威厳

セダン型の車の魅力って何だろう?と1分ほど考えると、高級ホテルや会員制高級ゴルフ倶楽部に乗って行くことができるくらいしか思い付かなかった。細かいことを言うと音が静かだったり、交通事故で死亡する可能性が低かったり、頑丈だったり、乗り心地が良かったりすると私は思う。ただ、これは人によって意見が違うと思うが。

最近あまり見かけないが少し前に流行った(今のセダンよりさらに流線型で窓枠の無い)ハードトップ型セダンは、たとえば100系チェイサーのツアラーVのように比較的安価でスポーティーでレーシーな車として化けることができたので、少々おじさん臭くても若者に人気があった。また、今も昔もお金がある人はセダンを買う傾向にあると思う。会社の社長のマイカーが1BOXだと社員は「え?」と思うだろう。どうしてベンツやレクサスの4ドアセダンではないのだろうと普通なら思うはずだ。まあポルシェでも良いが、会社の社長のマイカーがポルシェだと少々軽い気がしないでもない。

ところで、各自動車メーカーのフラッグシップがセダンでない場合、心の何処かでその会社の格が落ちるように思えてしまう。トヨタならレクサスLSやセンチュリーがフラッグシップで、日産ならかつてはプレジデントがあったし、プレジデントが消えた今ではシーマがある。ホンダならレジェンド、三菱ならデボネアがあった。しかしレジェンドやデボネアを無くした結果、威厳がなくなってホンダは軽四屋さん、ワゴン屋さんになってしまったし、三菱はekワゴン屋さん、ランエボ屋さんになってしまった。別にそれでも悪くはないが、しかしどこか格が落ちたように思えてしまう。フェラーリやランボルギーニのようにスポーツカーしか作らない会社はともかく、総合的に車を製造・販売している会社のフラッグシップモデルはセダンが多いし、それが会社のイメージにも繋がっている。ちなみにプリウスもセダンである。

今から15年ほど前には消える消えると言われ続けてきたセダンだけれども、街を走っているのは今もセダンが多い。結局、魅力なんて個々人それぞれの感性で決まることだと思うが、1つ確かなことを言うとすればセダンは車の王様的な形なのだと私は思う。王様だから、1BOXやステーションワゴンがどんなに頑張って高級・高額になってもセダンの威厳には勝てないのである。

ハイブリッドカーと軽自動車の燃費

最近、様々な車種のハイブリッドカーが販売されています。

値段は通常のガソリン車と比べればもちろん割高となりますが、その分燃費が良いので購入する人は多く、道を走っているとよくハイブリッドカーを目にします。

しかし、それと一緒に最近よく目にするようになったのが軽自動車。

それも、今まで人気だったワゴンタイプのものももちろんよく見るのですが、それ以上に見るのが同じ軽自動車でもコンパクトタイプの車種です。

その理由は燃費の良さ。

今、様々な自動車メーカーが燃費の良さを売りとした軽自動車を売り出しています。

各メーカーが燃費の良さの競争のようになっていて、最近の車種の中にはリッターあたりの燃費が30キロ以上というものも出てきました。

車の大きさやエンジンこそ違いますが、ここまで低燃費になると、ハイブリッドカーとさほど変わりません。

更に燃費の良い軽自動車のメリットは、車体本体価格が他の軽自動車と同じでとても安いこと。

特に燃費と値段を重視して車の購入を考えているのであれば、軽自動車でも十分だという人も多いと思います。

私が車の免許を取得した10年以上前から比べると、ガソリンの値段は倍以上に跳ね上がっています。

少しでもガソリン代を安くするために、ハイブリッドカーを選ぶか燃費の良いけいじどうしゃを選ぶかは人それぞれです。
今の生活を一変したいと思ったらシェアハウス大阪はいかがでしょうか。たくさんの知らない人と生活する事で新たな生活を送れますよ。

recommended contents

TOP